リースのメリット

効率的な資金運用ができる
設備投資には、通常多額の購入資金が必要となりますが、リースなら月々わずかのリース料で必要な機器をご使用いただけます。また、その留保資金は他の事業や投資に有効に活かすことができます。
コスト把握が容易になる
設備投資した機器等の使用コストが、月々のリース料として明確に把握されるため、機器等の導入効果が正しく評価でき、原価意識が徹底できます。
技術革新に弾力的対応ができる
リース期間を戦略的に設定することにより、常に最新の設備を維持することが出来ます。
陳腐化リスクに対応できる
耐用年数に合わせて、リース期間を設定できるため、あらかじめ陳腐化の度合いを予測したリース期間を設定すれば、償却期間を短縮したのと同じ効果が得られます。
事務省力化が図られる
機器等を所有すると、購入手続き・固定資産税の支払い・減価償却計算・保険料の支払いなど、煩雑な事務処理が必要となります。リースの場合はこれを一括して当社が代行しますので事務の省力化が図られます。
100%借入と同じ効果がある
リースを利用すれば、銀行からの借入によらず、100%の融資を受けたのと同じ効果が得られます。
手続きが簡単
銀行から借り入れる場合に比べ、リース契約の手続きは簡単でスピーディーです。